Home > 学会会員の方へ > 評議員改選に伴う新規評議員候補者募集ならびに評議員再任について

評議員改選に伴う新規評議員候補者募集ならびに評議員再任について

平成29年3月

一般社団法人日本褥瘡学会
会員各位


 現評議員が任期満了を迎えます。これに伴い、一般社団法人日本褥瘡学会定款ならびに施行細則に則り、信任投票による評議員の選出を行います。投票にあたり、新規の自薦もしくは他薦による評議員候補者募集ならびに現評議員の再任についてお知らせいたします。
【新評議員立候補募集について】
評議員に立候補しようとする会員は、以下の条件を満たした上、下記提出書類を当ホームページよりダウンロードし、必要事項を全て記入の上ご提出下さい。
【現評議員の再任について】
 現評議員は定款第18条第4項ならびに施行細則第1章により、評議員年齢の制限*にあたる場合を除き、評議員の再任となります。再任を希望しない場合は本会宛にお申し出ください。*年齢制限の基準日は平成29年6月30日とし、同日現在で68歳未満とする。



  • 申請条件

    <一般社団法人日本褥瘡学会「定款・施行細則」より>
    第1章 評議員の選出
    第1条 評議員の選出は、原則として自薦もしくは他薦によりおこなう。
    第2条 評議員候補者は、申請時に以下の資格を具備していなければならない。
    (1)引続き3年以上当法人の正会員に在籍する68歳未満の正会員であること。
    (2)褥瘡の管理(予防、治療およびケア)に関する十分な業績のあること。
    (3)原則として同一施設同一科において2名を超えないこと。
    (4)正当な理由なく連続2年間社員総会を欠席したものは、次期の審査を受ける資格を喪失する。
    2 評議員候補者は、評議員候補者審査申請書(書式指定)、2名の評議員による推薦状(書式自由)、業績録および別刷(または複写)を理事長(事務局あて)に提出しなければならない。ただし、再任候補者については、推薦状、業績録および別刷の提出は不要とする。
    第3条 評議員選出の信任投票は、理事会にてその方法を決定し、行う。
    (1)評議員候補者名簿は、細則第2条により立候補したものの候補資格を理事会にて確認し、作成する。
    (2)信任投票は(1)項にて作成された評議員候補者の名簿をもとに正会員が行う。

    注:候補者年齢制限の基準日は平成29年6月30日とし、候補者となる者は同日現在で68歳未満とする。

  • 提出書類

    【新規評議員候補者】
     自薦ならびに他薦のいずれも下記の申請書類一式を提出ください。
    ① 評議員候補者審査申請書 
     「申請書フォーマット」
    ② 評議員2名による推薦書および業績録(履歴書付)
     「推薦書・業績録フォーマット」
       *業績録にある代表的な業績の表紙(写し)を必ず数編添付

    【評議員再任について】
     ・現評議員は再任となります(申請書、推薦状、業績録等の申請書類提出は不要)。但し、再任を希望しない方は本会宛に文書でお申し出ください。なお、平成29年6月30日現在で68歳以上となられる方は評議員年齢制限となり再任とはなりません。

  • 書類提出期間
      平成29年3月1日~平成29年3月31日(消印有効)

  • 信任投票
      平成29年4月下旬頃本会ホームページに信任投票様式を掲載

  • 任期
      平成29年度定例社員総会から2年間
  • *評議員に選出された場合、下記日程にて社員総会がありますので、予めご承知おき下さいますようお願い申し上げます。詳細は選出後に改めてご案内申し上げます。
     ▼平成29年度定例社員総会
      日時:平成29年9月13日(水)
      会場:ホテルメトロポリタン盛岡・本館

  • 書類提出先 *受付は簡易書留、レターパック等配達記録が残るもので郵送ください
     一般社団法人 日本褥瘡学会 理事長 川上重彦
     〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 
     新宿ラムダックスビル9階 (株)春恒社 学会事業部内

  • 問い合わせ先
     一般社団法人 日本褥瘡学会事務局
     E-mail:jokusou@shunkosha.com

  • 以上

▲このページのトップへ